進め! ヴァイオリンおけいこ道 第29回「指の冷え対策」

今週もおけいこ道のお時間がやってまいりました。ヴァイオリン弾きの卑弥呼こと原田真帆がお送りいたします。

今日は冬の寒さ対策について! レッスンに行く道々、指、冷えますよね?

カイロもいろいろ

わたくしは、足がしもやけになりやすい程度には末端冷え性。冬場になると手の指もそれはもう冷えます。しかし指先が動かないと楽器など弾けたものではありません。

しかも、入試ってどうしてこんなに冷える季節なのでしょうか! 藝高の場合、受験期間はいつも 1 月の下旬、暦の上では大寒です。そこで末端冷え性のわたしのために、母が見つけ出したのは“手首用カイロ”。

専用のサポーターのポケットに専用サイズのカイロを入れ、手首に巻いて使います。“首”を温めると血流が良くなり、体が温まることを利用したものです。

手は温まったけれど

受験も迫ったある冬の日。東京までレッスンにうかがうのに、道中冷えるので手首用カイロをばっちり仕込んで出かけました。いつもよりはるかに温かい指先は、おかげでかじかんでいません。

さて、それではレッスンの最初の音階もうまく弾けるはず……と思いきや、1 オクターブ弾いて勝手が違うことに気づきます。なんと手首にサポーターを巻いたままです。思わず弾く手を止めて

「すみません、もう一度初めから弾かせてください。」

と言いながら、手首のサポーターのマジックテープをビリビリと外すのは非常に間の抜けた行動でした。レッスン室の空気全体がずっこけた瞬間。しかし、入試ではやり直しがききません。これが本番でなくてよかった、と冷や汗も流れました。

足裏用カイロも

ちなみにわたしが手首用カイロに出会う前から使っていたのが、足裏にぺたっと貼れる足専用カイロ。

日本のヴァイオリンっ娘は冬でもワンピース×タイツが「レッスン着」のことも多いです。タイツに靴下も履いちゃう寒がりさんなら、ぜひおすすめします!
※タイツに直接貼ると低温やけどになるのでアウトです。

レッスンでがくがく震えていたら何も弾けませんからね……風邪もひかないように、みなさま体を温かくしてお過ごしください😊


*PR*
「進め! ヴァイオリンおけいこ道
あどゔぁんす」
おけいこ会員絶賛募集中

月額500円で、より深く本音を語った会員限定記事が読めます!
会員登録はこちら↓からどうぞ

The following two tabs change content below.
原田 真帆
栃木県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学器楽科卒業、同声会賞を受賞。英国王立音楽院修士課程修了、ディプロマ・オブ・ロイヤルアカデミー、ドリス・フォークナー賞を受賞。2018年9月より同音楽院博士課程に進学。第12回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-H第1位。第10回現代音楽演奏コンクール“競楽X”審査委員特別奨励賞。弦楽器情報サイト「アッコルド」、日本現代音楽協会HPにてコラムを連載。