【女性向け】本番の髪型どうしてる? 人気のアレンジ5選+ひと工夫!

音楽家のみなさん! 本番の髪型ってどうしていますか? 固定の勝負アレンジがありますか? それともその日の気分?

演奏家のみなさまのお役に立つことを願い、女性向けと男性向けに分けて、本番で人気のヘアアレンジをまとめてみました。本日は女性編です!

人気のアレンジ5選

1.シンプルに、止めるだけ

hair1_2

シンプルに、演奏中に邪魔になりそうなサイドをピン留めするパターン。何より時短で手軽です。クールに見せたいときにモッテコイ。

2.王道ハーフアップ

hair1_3

ザ・音大生、という印象のこの髪型。清楚に見せるならダントツでこれ。ボブからロングヘアまで対応できるのも嬉しいところ。

3.くるりんぱハーフアップ

hair1_4

ハーフアップの変化球。ここ2年ほど、くるりんぱアレンジが大流行、その流れは音楽界にも来ています。サイドの髪だけすくうと作りやすいです。

4.三つ編みハーフアップ

hair1_5

両サイドから三つ編みを施し、後ろでハーフアップに。三つ編み系の髪型は、巻き髪との相性抜群です。王道ハーフアップよりガーリーさやラグジュアリー感が出ます。

5.前髪編み込み

hair1_6

長めの前髪は、編み込んでまとめれば、演奏中も邪魔にならない! ということで、なかなか人気のアレンジです。顔周りも華やかになります。

+もうひと工夫!

以上 5 つの王道ヘアアレンジをご紹介しました。ここでもうひと工夫、きれいに結うポイントと、一味違う応用アレンジをご紹介したいと思います。

キレイなアレンジのコツ

hair1_7

まとめ髪を作るときには「あごと耳をつないだ先」に作るときれいに見えると言われています(白抜き矢印)(例:アリアナ・グランデ)。確かにすっきり見えるのですが、ちょっと高すぎるかな、場合によっては子供っぽいかな、という印象も否めません。レディにオススメなのは、鼻と耳をつないだ線上(赤い矢印)。ハーフアップも編み込みもここの点を目指せば、実際にまとめやすくて、上品に仕上がります。

応用アレンジ

今回ご紹介した髪型はどれも人気! …と言うことは、人とかぶりやすい髪型でもあるのです😢 そこで、個性を出すための一工夫もご紹介します!!

まず簡単なのは、今回の 5 種類のアレンジの合わせ技。片サイドは編み込みなのに、片サイドは止めるだけ、あるいはネジネジなど。アシンメトリーにすると、振り向いたときのギャップが出ます。

hair1_8

そしてさらに人と違うスタイルを狙うなら、定番アレンジ+低めポニーテールの合わせ技がオススメです。ハーフアップベースの人が多い中、遠目から見てもまったく違うシルエットを作れます。低めポニーテールの位置は、おでこの真ん中と耳をつないだ線上がきれいです。

さぁ、楽しい音楽の時間だ!

ということで、「のだめ」のセリフの引用(パクり)でまとめて恐縮ですが、本番に使えるヘアアレンジのご提案でした。音楽は聴覚で楽しむものといえど、人前に出る以上は身なりも整えてしかるべき。美しい姿でお客さまに楽しんでいただきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

原田 真帆

栃木県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学器楽科卒業、同声会賞を受賞。英国王立音楽院修士課程修了、ディプロマ・オブ・ロイヤルアカデミー、ドリス・フォークナー賞を受賞。2018年9月より同音楽院研究課程に進学。第12回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-H第1位。第10回現代音楽演奏コンクール“競楽X”審査委員特別奨励賞。佐々木美子、山﨑貴子、澤和樹、ジェラール・プーレ、小林美恵、ジャック・リーベックの各氏に師事。弦楽器情報サイト「アッコルド」、日本現代音楽協会HPにてコラムを連載。