【ダイジェスト映像】3時のおやつコンサートを終えて…【レポート】


こんにちは! COSMUSICA編集長のノリコ・ニョキニョキです。

時間があいてしまいましたが、5/27(土)に開催した「3時のおやつコンサート」、無事に終演いたしました! お越しくださったみなさま、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

今日は当日の様子をレポートにしてお届けしたいと思います。巻末には演奏たっぷりのダイジェスト映像もありますので、ぜひそちらもチェックしてくださいね♫

コンサート×お茶会

今回のコンサートでもっとも特徴的だったのは、「おやつと紅茶つき」という部分だったのではないでしょうか。

私は元々クラシックを聴く習慣がまったくなかったこともあって、コンサートに行くたびに「本当に音楽だけに集中して2時間過ごすのは案外疲れるものだなあ」という感想を抱いていました。そして「おやつと紅茶でも出たら、リラックスしながら聴ける気がする」という構想をずっと抱いていたのです。

今回は普段クラシックをあまり聴かないという人も楽しめるものにしようというテーマがあったこと、フルーティストの岩崎花保(以下かっぴー)さんが「手作りのお菓子を焼きますよ!」と言ってくれたことなどが後押しになり、「やっちゃいましょう! 紅茶とおかしがついてくる演奏会!」ということになったのでした。

フランスの風にのせて♫

曲目を決める際もいわゆる名曲を集めて聴きやすく、でも本格的なものも入れて新しい世界も知ってもらえれば、ということでこのようになりました。

  • シリンクス
  • 亜麻色の髪の乙女
  • 小舟にて
  • 夢のあとに
  • シチリアーノ
  • マンドリン
  • 見えない笛
  • ロマンス

清々しいまでのフランスしばり!! 紅茶もフランスのブランド「マリアージュフレール」から代表作「マルコ・ポーロ」をお出しして、衣装もブルーや白を使ってまとめて…と、まさにフランスづくしの空間になりました。

後半の「見えない笛」はサン=サーンスの書いたソプラノ×フルート×ピアノという珍しい編成の楽曲。かっぴーさんが楽譜屋さんで見かけて「いつかやる機会があれば」となんの気なしに買ってきたものがここでお披露目となりました! ダイジェスト映像の中でも「見えない笛」はフルサイズで収録したので、「聴いたことがない」という方はぜひぜひチェックしてくださいね♪

演奏会を振り返って…

いただいたアンケート結果からいくつかコメントを抜粋させていただきます。

おやつを食べながらクラシックを聴くという場に今まで出会ったことがなかったのですごく新鮮で良かったです。音楽を聴くだけでなく曲や作曲家の説明などもありお話が楽しくて面白かったです。

とても楽しかったです!お客様に楽しんでもらいたい、満足してもらいたい、そんな気持ちが伝わってきてこちらもとても幸せな気持ちになりました。初開催との事でしたが、演奏面、飲食面共にしっかりとした進行でとてもよく準備されているなと思いました。是非第二回も開催して頂きたいと思います。素晴らしいコンサートをどうもありがとうございました!

どの演奏も素晴らしかったですが、見えない笛は特に良かった。土曜日の三時開始というのは珍しいけど、フルートの音色に癒され楽しめました。

かっぴーさんからはこんなコメントが届いております。

「お菓子を焼くのが一番緊張しました(笑)クラシック音楽は意外と身近なところに溢れているので、ぜひこの演奏会をきっかけに、ちょっと意識してみてもらえたら嬉しいなあと思います」

これは余談なのですが、かっぴーさんは歌も大好きで、ご自身の演奏会では時折「天城越え」を披露されるほど。ゲスト出演してくれたソプラノの小林瑞花さんに対して「歌の人は楽器がなくて、身体しか頼るものがないから尊敬する!」とおっしゃっていたのですが、それに対して瑞花さんが「私はずっとフルートに憧れていて、何度か挑戦したけれど毎回酸欠のようになってしまって…パワフルに弾きこなしていて本当にすごいです!」と言っていたのを興味深く傍観しておりました。

ダイジェスト映像

最後はダイジェスト映像でお別れしたいと思います。パワフルなかっぴーさんのフルート、軽快な瑞花さんのソプラノ、そして2人の演奏をしっかりと支える岩田安由真さんのピアノ、ぜひご注目ください!

 


ABOUTこの記事をかいた人

ノリコ・ニョキニョキ

COSMUSICA編集長。1989年イギリス生まれ。東邦大学医学部医学科中途退学、東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科卒。週末を楽しみに日々ライティング業に勤しむ普通のOL。2016年6月20日にCOSMUSICA立ち上げ。ハープ修行中。