どこで買ってる? 演奏会ドレスのお店をまとめてみた


こんにちは。フルーティストの岩崎花保です。

みなさんはどこでドレスを買っていますか? 本番で毎回同じものを着るわけにはいかないので、ドレスはある程度枚数が必要なものですよね。

共演者とおそろいにしたいときは安くてカラーヴァリエーションがあるものがいいだろうし、長く着たい人は少し値段が張っても良いものを購入したいところです。

私はよく友達と情報交換をしているのですが、昔から「ドレスの情報がまとまったページがあったらいいな~」と思っていました。ということで! 今回自分で作ることにしました!(笑)みなさまの参考になれば嬉しいです♪

ちょっとぜいたくなドレスショップ

Aimer(エメ)

店舗:全国に 40 店舗
価格帯(およそ):¥60,000~¥190,000
セール:店舗ごとにバーゲンセールを実施。半期に一度開催。ステージメンバーズカード(無料)の申し込みが必要

DRESS BLACK(ドレスブラック)

店舗:渋谷、日比谷、大阪、兵庫の 4 店舗
価格帯(およそ):¥50,000~¥130,000
セール:店舗ごとにバーゲンセール&フェアを実施。時期や内容は各店舗の WEB ページで発表

(出典:エメHP)

(出典:エメHP

まずは、憧れのドレスブランド「エメ」と「ドレスブラック」です。友達が着ていてかわいいな〜と思ったらこの 2 つのどちらかだったという経験を、みなさんも一度はしたことがあるのでは無いでしょうか?

どちらも最低でも 5 万円以上なので気軽に買うことはできませんが、たっぷり使われた生地や高級感のあるデザインは他のドレスとは一線を画します。ソリストを務めるときや、卒業記念でドーンとお買い物ができるときにお気に入りの一着をゲットできたらいいですね。

ただエメの場合、全国にたくさんの店舗があるため人とかぶる確率も高いです。個人的に高いお金を出して買ったものが予期せぬときに誰かとかぶっていたりすると結構ショックなので、なかなか手が出せません…。どちらのブランドも SALE があるので、運が良ければ狙っていたドレスを安く買えるかもしれませんが、かなり込み合うことが予想されますので早めに行動することをオススメします。

手の届きやすい値段のドレスショップ

続いて気軽に買えるドレスショップ 4 店を紹介します。

DRESS ROOM AMI(ドレスルームアミ)

店舗:新宿に 1 店舗
価格帯(およそ):¥10,000~¥60,000
セール:普段からセールドレスを販売しているため特に無し

Asiart(アジアート)

店舗:阿佐ヶ谷に 1 店舗
価格帯(およそ):¥8,000~¥45,000
セール:サイト上で随時開催

Liliarge(リリアージュ)

店舗:恵比寿に 1 店舗
価格帯(およそ):¥6,000~¥20,000
セール:特に無し

DRESS UP(ドレスアップ)

店舗:宮城県に 1 店舗
価格帯(およそ):¥10,000~¥20,000
セール:サイト上で随時開催

ドレスルームアミは数年前に店舗と WEB をリニューアルして現在急成長中のお店です。昔は輸入物がほとんどでしたが、最近はオリジナルのものも出てきたため少し値段が上がってきた印象もあります。ドレス自体はシンプルな形でカラーヴァリエーションも豊富なので使いやすいです。

アジアートはサイズ展開が多いのが特徴です。筆者は身長が 152cm しかないためいつもドレスの丈に悩まされており、業者に頼んで裁断するか物凄く高いヒールの靴を履いて頑張っているので、セミオーダーで長さが選べるというのはとてもありがたいです。

リリアージュドレスアップは高くても 2 万円という超良心価格が魅力です。ただし生地感などは実物を見てみないとわからないので、できれば店舗で確認をしておきたいですね。

通信販売のみのドレスショップ

EAST-BEAUTY(イーストビューティ)

店舗:無し
価格帯(およそ):¥15,000~¥85,000
セール:サイト上で随時開催

Lamuse dress(ラミューズドレス)

店舗:無し
価格帯(およそ):¥8,000~¥20,000
セール:特に無し

どちらも通信販売のみのドレスショップです。やはり実物が見られないというのは不安要素も大きいですが、ラミューズドレスの方は返品・交換 OK と大きく書いてあるので試してみても良いかなと思います。イーストビューティは 3 万円前後のドレスが多く取り扱われいるのですが、どれも値段以上に見えるデザインなので素敵だなと思いました。

その他

上記のドレスショップ以外にも活用できるものはあります。デパートの催事場などで開催されるウエディングドレスフェア&セールのカラードレスコーナーや、レンタルドレスの処分セールなどは狙い目です。こういったものは不定期のイベントなので、こまめに情報収集をするしかないですね。

あとは夜のお姉さん用のドレスショップも掘り出し物があったりしますが、よく確認しないとスリットが深かったり胸元がガバっと開いていたりするので注意が必要です。

それから、値段はあまりお安くないですが、デパートの一角にドレスショップが入っているのも何店舗か見たことがあります。そういったネット販売をしていないお店もたくさんあると思うので、自分の足で探してみることも良いドレスに出会うためには必要かもしれません。


今回改めて調べてみて、昔より購入方法も値段も幅が広がったなぁと感じました。最近ドレスを買っていなかったので、記事を書いていたらわたしも何か一着欲しくなってきました(笑)

演奏会は演奏することだけではなく、トータルでお客さんを喜ばせてこそプロと言えます。ぜひ衣装にもこだわってみてはいかがでしょうか?


ABOUTこの記事をかいた人

岩崎 花保


愛知県出身。フルート奏者。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学、同大学大学院音楽研究科修士課程を修了。第15回日本クラシック音楽コンクール中学校の部全国大会第1位。第61回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第1位。第13回万里の長城杯国際音楽コンクール管楽器部門第1位など入賞多数。現在はフリーランスの音楽家として演奏会の企画や後進の指導に力を注いでいる。