世界のクラシック事情をチェックしよう! 英語で発信されているおすすめメディア5選

media_english

インターネットでさまざまな情報にアクセスできる昨今、海外の情報もリアルタイムで知ることができるようになりました。しかし、意外と「海外のサイトはハードルが高いように感じられてチェックしていない」という方も多いようです。この記事では、英語で発信されているおすすめのクラシック音楽専門メディアを5つご紹介します!

動画配信プラットフォーム「medici.TV」

フランス発のストリーミング配信チャンネル、メディチ・TV。オペラやバレエ、オーケストラの公演のストリーミングや、マスタークラスの映像、ドキュメンタリーなども配信されています。またブログでは音楽史上のできごとや宴会で使えるトリビアなどを紹介する記事がまとめられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

medici.tvさん(@medici.tv)がシェアした投稿

クラシック専門ラジオ局「CLASSIC FM」

イギリスの、クラシック音楽専門のラジオ局クラシックFMは、アプリでも聞けるラジオ放送のほかに、Webサイトで多様な情報を発信しています。また公式Facebookページでは、くすりと笑えるクラシックジョークが投稿され注目を集めているので、見覚えがある方も多いとおもいます。

弦楽器専門マガジン「The Strad」

弦楽器マガジン・ストラッドは英国発、弦楽器専門の月刊誌です。最初にマガジンが発行されたのはなんと1890年のこと! Webサイトでは本誌の一部が無料で公開されており、有料会員になれば過去のアーカイブをオンラインで見ることもできます。弦楽器にとってはもっとも権威のある雑誌ならではの、楽器製作者の情報も充実しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Stradさん(@the_strad_)がシェアした投稿

ネット発!「The Violin Channel」

インターネット発のメディア、ヴァイオリン・チャンネルは、動画やSNSを駆使した柔軟な発信をしています。情報は弦楽器がメインですが、オーケストラや指揮者のニュースも報じているので、管楽器の方にも役立ちます。また楽器盗難のニュースを随時まとめているのも特徴的。YouTubeの独占インタビューシリーズは見ていて楽しいです。

BBCが運営「Classical-Music.com」

「BBC Music Magazine」は1992年から発行されているクラシック専門月刊誌、その公式サイトが「クラシカルミュージック.com」です。本誌では付録で音源がついてきますが、オンラインでは期間限定の無料配信や、今週のプレイリストなどが配信されています。BBCは英国の公共放送で、音楽に特化したラジオ「BBC Radio 3」というチャンネルをもっており、専門放送局ならではのバラエティ豊かなラインナップを楽しめるので、併せてオススメです。

英語の音楽用語の勉強にも!

世界の音楽事情や、自分の好きな奏者の追っかけはもちろん、英語のメディアに触れることで、音大生にとっては自分の専門分野の英語を習得するのに役立ちます。

最近は多くのブラウザが自動翻訳してくれるようになりましたが、ここはひとつ、英語でのリーディングにチャレンジするのも一興です! 特に音楽用語は普通の英語教材ではなかなか触れることができないので、こうした音楽メディアはうってつけの教材になるでしょう。

The following two tabs change content below.
原田 真帆
栃木県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学器楽科卒業、同声会賞を受賞。英国王立音楽院修士課程修了、ディプロマ・オブ・ロイヤルアカデミー、ドリス・フォークナー賞を受賞。2018年9月より同音楽院博士課程に進学。第12回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-H第1位。第10回現代音楽演奏コンクール“競楽X”審査委員特別奨励賞。弦楽器情報サイト「アッコルド」、日本現代音楽協会HPにてコラムを連載。
media_english