8/10(木)19:00〜『原田真帆&若杉まり ヴァイオリンデュオコンサート』予約受付中


みなさまこんにちは。ヴァイオリニストの原田真帆です。

来たる8/10(木)19:00〜 赤坂カーサクラシカにおいてヴァイオリンデュオコンサートを開催いたします。普段はコラムを通してみなさまに“クラシック”をお届けしているわたくしが、今回自分の演奏でコンサートを開催する運びとなりました。この機会にみなさまにぜひ直接“音楽”をお伝えできれば嬉しく思います♪

6年築いた“遠距離友情”を奏でる

2017年初夏、ロンドンのリージェンツ・パークにて

今回はヴァイオリン2本だけで90分間のプログラムをお送りいたします。演奏するのは、この夏に英国王立音楽院を卒業したイギリス仕込みのヴァイオリニスト・若杉まりさんと、わたくし原田真帆です。

若杉まりさん、以下まりちゃんとわたくしは、6年前の夏以来“遠距離友情”を築いてきました。ヴァイオリンの講習会で出会い意気投合したものの、まりちゃんはそののち英国王立音楽院に進学、わたしは日本で勉強を重ねます。ふたりの距離は、実に約9600キロ。また、まりちゃんが日本に帰国しても、鎌倉に住む彼女と栃木に住むわたしとの距離は、頻繁に会うには遠すぎるものでした。

出会った頃の1枚

しかし昨年の夏、ご縁あってわたしがまりちゃんと同じ英国王立音楽院に留学することになり、やっと一緒に勉強することが叶ったのです。わたしたちの仲をよく知るまりちゃんの師匠、リチャード・ディーキン先生は、わたしがロンドンに着くとこうおっしゃいました。

「君たちはぜひともデュオをするべきだ!」

もともとわたしたちにはひとつだけデュオのレパートリーがありました。ディーキン先生に教えてもらった、イギリスの作曲家・ロースソーンの曲。わたしたちはディーキン先生が加えて勧めてくれたルクレールの楽曲も含めて、デュオのコンサートの開催を決心したのです。

90分、ひたすらデュオ。

2015年夏、ロースソーンのデュオを演奏したあとの1枚

ヴァイオリンのデュオというと実はさまざまな楽曲があるのですが、多くの演奏会ではピアノも加えた楽曲と織り交ぜて取り上げられます。しかし、わたしたちは“ヴァイオリン2本で奏でられる曲だけを集めてみたい”と考えました。これは少し珍しいものです。

同じ楽器同士、特にヴァイオリンのように高めの音域に特化した楽器だけでのデュオは、音響を豊かにする効果のある低音がやや不足するため、ともすれば退屈なものになりかねません。

ところがヴァイオリンという楽器は、1本でも同時に2つ以上のパートを奏でることができるのです。つまりデュオによって楽器の掛け算をすると、想像以上に豊かな “積” が得られます。きっと初めて聴く方は、ヴァイオリン・デュオの思いがけない響きの良さに、驚かれることでしょう。今回のプログラムには、ぜひともデュオの愉しみをご紹介したいという思いを込めました。

違いがあるからおもしろい。

英国王立音楽院の校舎にて

ところで、わたしたちはふたりとも東京藝大現学長の澤和樹先生に教わっていたという共通点もあります。澤先生はある日、仲良く話すわたしたちを見て、しみじみとおっしゃったのです。

「君たちはどうして仲がいいんだろうねぇ?」

その疑問ももっとも。たとえば『ハリー・ポッター』の物語の中で、生徒たちの性格や能力ごとに4種類の寮に所属を分けていく儀式があり、しばしばネット上ではその “組み分け” を疑似体験できる心理テストがありますが、わたしは何をどうやっても「グリフィンドール」、まりちゃんはどれを何度やっても「スリザリン」になります。グリフィンドールはご存じ、ハリー・ポッターが所属する寮で、スリザリンはというと敵役ドラコ・マルフォイの寮。ふたつの寮は犬猿の仲で、長年相容れない関係です。

つまりわたしたちがもしホグワーツ魔法学校に入学していたら、決して仲良くすることはなかったでしょう。

けれども、わたしは必ずしも“よく似ているもの同士”だけが“良い友達”になれるものではないと思います。相手が自分とまったく違うからおもしろい。特に音楽において、“違い” は化学変化を起こします。

同じ楽器で、ふたりの奏者。どんな「ヴァイオリン・デュオ」が生まれるか、ぜひ聞き届けていただければと思います。

開催概要

開催概要は以下にまとめました。

会場となるカーサクラシカでは、演奏会と併せてお食事やドリンクをお楽しみいただけます。料金は別途となりますが、開演の1時間前より開場となりますので、ぜひご一緒にどうぞ♪ また、今回の演奏会はチケットはございません。ご予約いただき、当日会場の受付にてお支払いとなります。

それでは、8月10日に赤坂にて、みなさまにお会いできますことを楽しみにしております。

ご予約フォーム

ご予約は以下のフォームから承っております。
サポーターの方は、お手数ですが備考欄にキャンプファイアーのidを記載いただくか、キャンプファイアーのメッセージ機能からご予約いただけますと幸いです。
学生の方は、備考欄にその旨お書きください。


ABOUTこの記事をかいた人

原田 真帆

栃木県出身。3歳からヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校・同大学器楽科卒業、同声会賞を受賞。英国王立音楽院修士課程1年在学中。第12回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-H第1位。第10回現代音楽演奏コンクール“競楽X”審査委員特別奨励賞。佐々木美子、山﨑貴子、澤和樹、ジェラール・プーレ、小林美恵、ジャック・リーベックの各氏に師事。弦楽器情報サイト「アッコルド」、日本現代音楽協会HPにてコラムを連載。