【出演者】OTTAVA主催・若手応援サロンコンサート「OTTAVA Verde」とは【募集中】


クラシック音楽に特化したインターネットラジオ『OTTAVA』さんが、プロを目指す学生の方々を応援するサロン・コンサート・プロジェクト『OTTAVA Verde』をスタートさせました!

OTTAVA Verdeとは

毎月1 回(木曜日)、OTTAVAと紀尾井町サロンホールが共同で、新世代の音楽家の応援、育成を目的としたサロン・コンサートを開催するというプロジェクト。

Verdeとはイタリア語で「緑」の意。転じて、将来性あふれる伸び盛りの人のことを指すそう。これから世界に羽ばたく、若き学生演奏家や作曲家を、このサロンコンサートで応援し、送り出していこうというコンセプトだということです。

さらに、こちらの企画はサロンコンサートに出演できるだけでなく、演奏をハイレゾでレコーディングしてもらえます! その演奏はOTTAVAの番組でも配信されるため、多くの方に演奏を届けることができるのです◎

4月27日(木)ガラコンサートレポート

さて、OTTAVA Verdeのスタートを祝って、4月27日(木)にガラコンサートが開催されました。出演したのは、若手ピアニストの山﨑 亮汰さんと尾崎 未空さん。ここでは、おふたりの経歴をご紹介したうえで、当日の演奏の様子とおふたりからのコメントをお届けします。

“Verde” 紹介

山﨑 亮汰(やまざき りょうた)

1998年福島県郡山市生まれ。
ピティナ・ピアノコンペティションにて、2008年C級金賞、2012年G級銀賞。2014年ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ及び第5回福田靖子賞選考会 福田靖子賞。
2012年ジーナ・バッカウアー国際コンクール及び2016年クーパー国際各コンクール(いずれもアメリカ)にて、日本人初優勝。クリーヴランド管と共演。イタリアのコモ湖国際夏季ピアノアカデミーに参加。
2015年度ヤマハ音楽奨学支援制度奨学生。7歳より山本真希氏に、現在、二宮裕子氏に師事。2017年4月、全額奨学金特待生として、桐朋学園に入学。

〜♪演奏曲目〜

ドビュッシー:ベルガマスク組曲
(1.プレリュード 2.メヌエット 3.月の光 4.パスピエ)
ショパン:バラード第1番ト短調Op.23
ショパン:バラード第2番ヘ長調Op.38

なんと大学一年生になったばかりという山崎さん。あどけない風貌を残しながら、ひとたび演奏を始めるとその力強さに圧倒されます。ただ音量が大きいのではなく、体の芯にずしんと響く訴求力がある演奏だと思いました。

彼の音楽性はどのような部分からやってきているのだろうと気になり、「音楽以外にどのようなことをして過ごすのが好きか」とお尋ねしたところ、「地図も持たずにどこまでも散歩するのが好き」とのこと。その好奇心や初めて見る景色から受ける刺激が、自身の音楽につながっているかもしれないとおっしゃっていました。

すでに生命力あふれる豊かな音楽性を持っていますが、なんといってもまだまだお若い山崎さんです。この先どのように育っていくのだろうと非常に楽しみな演奏家だと感じました。

尾崎 未空(おざき みそら)

09年14回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位及びモスト・プロミシング・アーティスト受賞。第8回モスクワ・ショパン国際青少年コンクール(ロシア)第3位及び最優秀小品演奏特別賞受賞。
14年「第14回ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」(イスラエル)セミファイナリスト。
16年、浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位。第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、文部科学大臣賞。
これまでにリトアニア国立交響楽団、ミネソタ管弦楽団、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等と共演する。
09年に第8回千葉市芸術文化新人賞受賞。現在、昭和音楽大学ピアノ演奏家コース、同付属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。

〜♪演奏曲目〜

バッハ(ラフマニノフ編):無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番より
(1.前奏曲 2.ガヴォット 3.ジーグ )
メンデルスゾーン:無言歌集 「甘い思い出」「ヴェネツィアの舟歌」
リスト:3つの演奏会用練習曲より「軽やかさ」
リスト:メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」S.514

大学在学中にして、すでにCDをリリースしている才能豊かな尾崎さん。その技巧だけでなく、女性らしいキラキラとした音色に心奪われます。また、美しいだけでなく全身を使って力強く演奏するシーンもあり、その姿はさながらアスリートのよう。舞台の上でピアノと一対一で対峙する尾崎さんの覚悟を感じさせました。

尾崎さんにとって大学生最後の年となる今年の目標を伺うと、「5月16日(火)に控える自身のリサイタルで100%の力を出し切ることと、レパートリーを着実に増やしコンクールで戦える力をつけていきたい」とのこと。尾崎さんも本当にこれからが楽しみな音楽家であるという印象を受けました。

OTTAVA Verde 出演者募集中!

なんと、こちらのコンサートの出演者は公募制です!

参加資格は、現役の学生(高校、専門学校、大学、短大、大学院など)であること。将来プロフェッショナルな音楽家を目指している方であれば、年齢、経歴、ジャンル等は問わないそうです。みなさん、この機会を逃すべからず!

以下、募集の流れをOTTAVA公式サイトより引用します。

◆募集の流れ

1.参加者募集!
OTTAVAと紀尾井町サロンホールで出演者募集を開始します。応募者はプロフィール&音源(YouTube画像も可)でOTTAVAにエントリー。
2.審査
応募者の中からOTTAVA/紀尾井町サロンホールが選考をおこない、毎月1~2組の出演者を選ばせていただきます。
3.発表&広報
演奏者と打ち合わせの上、プログラムを決定し、OTTAVA番組で発表、同時に紀尾井町サロンホールで公演チラシを制作(2,000部)都内各所に配布します。
4.券売
チケットはOTTAVAセレクトショップで販売。出演者にも実券をお渡しし、券売していただきたく存じます。価格は¥2,000~\3,000に抑え、多くの方に来ていただきやすいサロンコンサートにします。

※ご出演に際して、会場、施設等使用料は一切かかりませんが、会場までの交通費、宿泊費などは各自ご負担をお願いします。

★応募方法

1)演奏内容が分かる資料(音源、あるいはYoutubeなどのURL)
2)簡単なプロフィール
3)編成(演奏楽器)
4)代表者のお名前と連絡先(電話番号)

以上をご用意いただき、封書かメールでご応募ください。

(郵送の場合)
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地JCIIビル5F
OTTAVA株式会社『OTTAVA Verde』出演者係

(メールの場合)
verde@ottava.jp

通過者にのみご連絡をさせていただきます。

紀尾井町サロンホールってどんなところ?

会場となる紀尾井町サロンホールは、2012年にオープンしたアットホームなホールです。座席数80と比較的小さな箱でありながら豊かな響きを持ち、併設の録音スタジオ「紀尾井町スタジオ」ではハイレゾレコーディングにも対応。スタインウェイ・フルコンサートグランドピアノD-274を常設する本格志向です。

加えて、東京メトロ有楽町線麹町駅、永田町駅からそれぞれ徒歩5分というアクセスの良さ、高級感のある落ち着いた佇まいも人気の理由です。

▶︎紀尾井町サロンホール公式ホームページ

次回のOTTAVA Verdeは6/29(木)開催!

さて、OTTAVA Verdeは毎月開催です。次回は早稲田大学の津軽三味線同好会「三津巴」が出演します。同好会と言いましても、これまで数々のプロ奏者を生んでいる本格派! クラシックが演奏される機会の多い紀尾井町サロンホールと三味線ユニットが合わさると、一体どのような演奏会になるのか、ぜひ目撃しにきてくださいね♪

詳細・チケット購入はこちらから。

以降のコンサート日程は7月27日(木)、8月31日(木)、9月28日(木)となっておりますので、スケジュールにメモをお願いいたします!

COSMUSICAは、OTTAVA Verdeを応援しています。今後も継続的に取り上げて参りますので、こちらのプロジェクトに参加してみたいという人も、これから羽ばたいていく若手音楽家を応援したいという方も、ぜひ引き続きチェックしてくださね!


ABOUTこの記事をかいた人

ノリコ・ニョキニョキ

COSMUSICA編集長。1989年イギリス生まれ。東邦大学医学部医学科中途退学、東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科卒。広告代理店勤務、フリーランスを経て現在は教育業界において出版編集に従事。2016年6月20日にCOSMUSICA立ち上げ。ハープ修行中。