どこまで知ってる? クラリネットの仲間 8種類を紹介

みなさん、クラリネットには、実はたくさんの種類があるとご存じでしょうか? 管楽器には同属楽器を持つものも多いですが、クラリネットはその中でも種類が豊富にある楽器なんですよ!

今日は、普段目にしないクラリネットファミリーを、いくつかの動画とともに紹介したいと思います。

クラリネットの種類

B管(ベーカン)

これがいわゆる「クラリネット」と言われるもの。

皆さんが目にするクラリネットのほとんどはこれにあたります。華やかな音色が特徴。

A管(アーカン)

B管と見た目はほとんど同じですが、B管に比べて柔らかく深みのある音が出ます。

モーツァルトのクラリネット協奏曲やクラリネット五重奏曲、ブラームスのクラリネット五重奏曲などで使われています。オーケストラでの出番も多いです。

写真は、マイクラリネット。手前がA管、奥がB管です。

Esクラ(エスクラ)

画像参照元:長永楽器公式サイト

小さいクラリネット。アンサンブルや吹奏楽、オーケストラと何にでも使われています。

エスクラのソロのある有名な曲に、ベルリオーズの「幻想交響曲」第5楽章、ラヴェル「ピアノ協奏曲」第3楽章などがあります。

Altoクラ(アルトクラ)

画像参照元:BUFFET CRAMPON PARIS公式サイト

私が初めて吹いた特殊管は、このアルトクラでした。当時特殊管に慣れておらず、なかなか吹きこなせなかった思い出があります。

吹奏楽では割と登場しますし、クラリネットアンサンブルでも8重奏くらいの編成になると使われます。

Basset Horn(バセットホルン)

画像参照元:BUFFET CRAMPON PARIS公式サイト

名前はホルンだけどこれもクラリネット。調性はホルンと同じF管です。

一見するとアルトクラにそっくりなのですが、アルトクラよりも少し細めで繊細な音色です。鼻をつまんだような音とたとえられるのですが、落ち着いたとても美しい音色の楽器です。

特殊管の中で唯一、B・A管と同じマウスピースで吹くことができます。

モーツァルトの「レクイエム」などで使われていますが、滅多にお目にかかれないレアな楽器です。

Bassクラ(バスクラ)

画像参照元:BUFFE CRAMPON PARIS 公式サイト

クラリネット族の代表格かつ人気者。

アンサンブルでも吹奏楽でもオーケストラでも大活躍。低音でみんなを支えていたかと思えば、ソロだって吹いてしまう、なかなかおいしい楽器です。

動画中では、右から2番目がバスクラ。一番左はエスクラです。

コントラアルトクラ

画像参照元:BUFFE CRAMPON PARIS 公式サイト

これは…う~ん、次に紹介するコントラバスクラの一回り小さいものです。

え、説明が雑? ごめんなさい、この楽器だけ本番で演奏したことがなく、あまり思い入れがないのです…。この楽器もあまり見かける機会はないでしょう。

コントラバスクラ

画像参照元:Henri Selmer Paris公式サイト

今回ご紹介した特殊管は、学生時代に一通り吹いてみたのですが、“ やってみて良かった特殊管 第1位 ”はこちらの楽器です! なにせ滅多にお目にかかれない楽器ですから。それにとても楽しかった記憶があります。

その名の通りとても大きな楽器で、持ち運ぶだけで一苦労、ケースはあまりの大きさに「棺桶」と呼ばれ、フォルテでロングトーンしたら4拍で全ての息が持っていかれる…。最低音なんて低すぎてもう、音として機能していませんでした。

☆特殊管のここが大変☆

・リード代がかかる

そもそもリード楽器はリード代がかかるのが宿命ですが、中でも特殊管のリードとはいうのは、ダメになるのがとても早いです。楽器が大きくなるとそれに比例してリードの面積が広くなっていく(でも厚みはほぼ同じ)ので、フニャフニャになりやすいのです。紙に水分を含ませるとフニャフニャになりますよね、まさにあのような感じです。そういうリードはもう使い物にならないので、さようなら…します。

・マウスピースの大きさが違う=アンブシュアが定まらない

アンブシュアというのは、楽器を吹くときの口の形のこと。楽器によってマウスピースの大きさが違うので、たとえばバスクラを吹いた後にエスクラを吹くと、かなりの違和感があります。

そのほか、演奏中の持ち替えとなると、しばらく置いているうちにリードがパサパサに乾いてしまう、楽器が冷える(冷えると音程が下がります!)という問題も。

おわりに

学生時代、今しかできないことはなんだろうと考えて思いついたのが、学内の特殊管を順番に吹いていくことでした。持つ楽器が変わると、そこから見える景色も聴こえてくる音も変わります。今となっては本当に貴重な経験でした。

みなさんも、クラリネットの演奏を聴く際には、ぜひ「あれは何管かな~?」と注目してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

今榮 くみこ

兵庫県出身。クラリネット奏者。映画「ベニー・グッドマン物語」を観たことがきっかけでクラリネットを始める。 大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会等出演。在学中はエスクラリネットからコントラバスクラリネットまでさまざまな楽器を担当し、2006年から約2年間フィルハーモニックウィンズ大阪にてバスクラリネットを担当。また、国内外のマスタークラスやセミナーで研鑽をつみながら、ソロや室内楽など多数のコンサートに出演。現在MIKIミュージックサロン梅田・心斎橋、小阪楽器等講師。 趣味はアイスダンス(休止中)とフィドル。