どうしてヴァイオリンっ娘ってワンピースなの?

ヴァイオリン女子と言えば、世間的にはお嬢様なイメージ。そして実際彼女たちは、そのイメージそのままな A ラインの膝丈ワンピースを着用する率がとても高いのです。

なぜヴァイオリン女子は、A ラインの膝丈ワンピースが多いのでしょうか。そのワケを検証してみました。

どうしてヴァイオリンっ娘ってワンピースなの?

理由1 清楚に見えるから

onepiece_2

レッスンやおさらい会など、きちんと感を出したい場面が日常的にある彼女たちにとって、Aラインのワンピースはもはや仕事着。

おさらい会や試験用に、ヴァイオリン女子ならだれもが最低一着は持っていると言っても過言ではありません。

理由2 少し足を開いても大丈夫

onepiece_3

ヴァイオリンを弾く、と言えば、通常立って演奏する姿をイメージされると思いますが、意外に座って弾くシーンも多々あります。

そんなときヴァイオリン弾きは、少し膝を開かないと弾けないので、スカート丈は長いほうが安全です。そうなると、昔ながらの清楚ワンピースに行き着く、というわけです。

理由3 さくっと着られるから

onepiece_4

スカートとブラウスを着るよりも、ワンピースのほうがコーディネートを考える負担が減りますし、着替えも楽。つまり効率的な衣装なのです。

ヴァイオリン女子は効率重視の人が多い傾向にあります。それは、ヴァイオリンは音の高さを決める指が 4 本しかないため、効率を考える機会が多いせいではないか、とわたしは思っています。結果、日常でも効率を重んじるので、ワンピースが人気なのではないでしょうか。

モテるためではありません

image

実は機能性を重視した結果のワンピースというチョイス。残念ながらモテやお嬢さまを意識したコーディネートではありません。

白いワンピースは男性ウケが抜群、合コンにはワンピース……ワンピースはモテの代名詞にされて久しいけれど、スカートの裾ひらりに惑わさないでくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

原田 真帆

栃木県出身。3歳からヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校・同大学器楽科卒業、同声会賞を受賞。英国王立音楽院修士課程1年在学中。第12回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-H第1位。第10回現代音楽演奏コンクール“競楽X”審査委員特別奨励賞。佐々木美子、山﨑貴子、澤和樹、ジェラール・プーレ、小林美恵、ジャック・リーベックの各氏に師事。弦楽器情報サイト「アッコルド」、日本現代音楽協会HPにてコラムを連載。