演奏で食べていく! フリーランスピアニストRiLuMiのサバイバル術

はじめまして、音楽家サバイバル術という非常に現実的なテーマで執筆させていただくことになりました、RiLuMi(リルミ)です。

私は音楽大学卒業後、フリーのピアニストと講師をしています。具体的には主に、ピアニストとしてラウンジやパーティーで演奏をし、音楽教室で幼児から受験希望の生徒さんたちまでレッスンをしています。

音楽家として活動している方はたくさんいますし、私自身の仕事が特別珍しいというわけではないと思います。しかし、音楽一本で生計を立てている方がどれくらいいるか、となると少し話が変わってくるようです。

「本職は音楽家」

piano

ラウンジで演奏していると、いろんなお客様がいらっしゃいます。音楽愛好家の方はもちろん、お連れ様に誘われてきただけという方や、ただそのラウンジの雰囲気が気に入っているという方もいます。

そういった中でよく聞かれることのひとつに

「本職は何ですか?」

という質問があります。

おそらく、多くの方が音楽家に対し「演奏だけで生活するのは厳しそうだから、きっと本職を別に持っているのだろう」というイメージを持たれているのだと思います。

現実問題、確かに簡単なことではないのですが、それでも音楽一本で生計を立てている音楽家はもちろん一定数います。しかし、そのようなイメージを持たれる理由を考えたときに、音楽家が大学卒業後どのようにして生計立てているのか、イメージしづらいからではないかと思いました。

ということで、ここからは私がどのように音楽だけで生計を立てるの至ったのか、ご紹介させていただきます。

※個人の経験に基づくものなのであくまで一例としてご覧いただけますと幸いです。

音楽で身を立てるまで

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

優秀な成績で卒業すれば、待っているだけでお仕事はやってくるかもしれません。ですが、多くの場合、積極的に仕事を取りに行く姿勢が求められます。

音楽大学は音楽を学ぶ場所であり、音楽家として生計を立てるためのノウハウはレッスンしません。なので、卒業してから音楽的な技能を持て余し、なかなか稼ぎにつなげることができないという例をよく耳にします。

私はというと、やはり最初から音楽だけで生計を立てられたわけではなく、はじめは音楽教室講師のほかに、かけ持ちでたくさんいろんな仕事をしました。卒業直後は、どのくらいのお金があれば首都圏の一人暮らしでやっていけるのかもよくわからず、「とにかくいっぱい働かなきゃ生活できない!」と、倒れるまで働いてしまったこともあります。(アホですね。健康第一です!)

毎月絶対に出ていく家賃、生活費、奨学金返済。そして家事をはじめ、身のまわりのことも全て自分でするので、肝心な練習時間の確保ができない。そういうこともあり、演奏のお仕事はせず、音楽教室講師と、ほかの仕事をかけ持ちしてやりくりしていました。

演奏のお仕事との出会い

piano03

その後も紆余曲折ありましたが、あるとき「演奏の仕事ってどうだろう?」と思ったのがきっかけです。

演奏家募集の数はそんなに多くはありませんでしたし、まともに練習時間など確保できていない状態でしたので、合否が出るまでそれが仕事になるとは思っていませんでした。でもやりたいからやるんだ! という意志の強さはありました。

そして始まった演奏のお仕事。最初は、楽しみにしていた反面とても緊張しました。こんな近い距離のお客様の前で演奏するのは初めてでしたし、なにより自分がお金を払うのではなく、いただくのです。

試験やコンクールは出場者がお金を払いますから、もらう側は絶対失敗できないのでは…という不安がありました。なので一番最初に何を弾いたかも覚えていません。

演奏後、お店の方がお客様に「新しい先生入りましたよ!」と紹介してくれました。(ラウンジではピアニストのことを先生と呼ぶお店が多いです。)

どんな反応がくるのかと内心怯えていましたが、意外にもお褒めの言葉をいただいたり、この曲を弾いてほしいとリクエストを頂戴したりと、楽しく聴いてもらえていたことがわかり拍子抜けしました。

そこで気づいたことは、ここへ来る方々は“評価をくだしに来る”のではなく、“純粋に楽しみに来ている”んだ、ということです。つまり私が楽しく演奏しなければお客様は楽しめないなと思いました。

そこから一カ所ずつ場所を増やし、少しずつ音楽以外のお仕事は必要なくなりました。現在はある程度余裕を持って生活できていますが、振り返ってみると当時はだいぶ切羽詰まっていたなと思います。

コツというにはあまりに雑ですが、やはり「これしかやらない」「できない」と自分で線を引いてしまわないことが重要だと思います。クラシックにこだわらず、興味があれば何でもやってみるべき。その中には、やっぱり合わなかったなというものもあるし、必要だったなと思うこともありました。

今がゴール地点とは思っていませんが、誰に干渉されることもなく、自分がやりたいことを中心に音楽家として生きられているので幸せです。

今回はザックリとお話ししましたが次回はより具体的な内容に触れたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

RiLuMi

6歳よりピアノを始める。福岡女学院高校音楽科、武蔵野音楽大学卒業。現在音楽教室講師としてレッスンをしながら、ラウンジやパーティーなどでピアニストとして活動中。ひがしんビジネスクラブ「AURORA」合同セミナー等で演奏。紅茶とマカロンが好き。オンラインでは光の戦士。